漫風夜話

漫画に関連した過去の思い出や日常をエッセイ風に綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夜話-14「平成デカダンス・・・」

日々の流れが一層速く感じられる一年であった。
世の中や人生などがむなしく思われる一年でもあった。
ネット社会に入り全てが筒抜けで、物事をデフォルメ出来なくなった分、はったりや、冗談が通じなくなりすぐ現実的になり夢や希望を持てなくなったからであろうか。

その影響もあるのか「マンガ」は予想外に人気がある。高校のオープンキャンパスでも親御さんを含めて毎回40~50人程が集まる盛況であった。中学生ですでに「上手!」とうならせる生徒もいた。この娘を今しっかりサポートすれば必ずプロになれると確信する程の上手さであった。
神戸の高校と大阪の専門学校を教えているが、本来教えるのであれば中学生からかもしれない。スポーツを見ていても頭角を表わすのは中学生だ。自分自信を思い出しても中学生時代のモノの思考が一番高かったような気がる。子供の能力を遺憾なく発揮できる機関を国を挙げて早急に作って欲しいと切に願う。そうしないとこの国は益々他国に追い抜かされ滅びてしまいそうだ、政局は○沢に振り回され、マスコミはエビやらカニに何時間も費やす暇なぞありませんぞ!

最近、やる気は変わりないが空しさが抜けない日々だ、頑張っても頑張っても報われないからだと思う。
昭和初期に退廃的な生き方や小説が流行った、坂口安吾や太宰治、檀一雄など無頼派を名乗る作家達だ。
その昭和初期をこよなく愛する学生がいた。4年前の事だ。クラスでもひときわ目立つ存在の女学生Aはいつもギターケースとマンガ道具をかかえて登校してきていた。彼女と話していると昭和、大正、明治時代に生まれたかったと嘆き、課題を与えると昭和の臭いを感じる背景とキャラを描いていた。感受性は人一倍強くマイナー系の雑誌などにも投稿、持ち込みをしていた。本当に漫画家になりたいのならアシスタント経験もすべきだと勧めた。
そのAさんが月刊誌アフタヌーン(講談社)1月号の四季賞(2010秋)で見事大賞を獲得した。その題名は「平成デカダンス」(みやざき明日香)。わずか17頁の作品で審査委員の萩尾望都氏は絶賛していた。
私が驚いたのは4年前にすでに求めていたデカダンスを見事な形に表現した事とキャラや背景画の上達だった。この賞でプロになって活躍している作家は数多く、講師としては一番うれしい事で、少しは報われた気がする。

話は変わるが映画「ノルウェイの森」が封切られた。
恋愛のデカダンス的要素は多分にあり、恋愛そのものがデカダンスかもしれない。村上春樹の名作で1987年の作品だ。赤とモスグリーンの表紙(上・下2巻)に明朝形の書体がシンプルでひときわ目立った。表紙も氏の作品で、旅行先の南ヨーロッパで執筆された。
発売当時「ノルウェイの森」の題名が良いと思った。ビートルズの「ノルウェイの森」のメロディがいいので買ってしまった人も多いかもしれない。しかし詩の内容はレノンの浮気を綴ったものらしいが私にとっては物悲しいメロディが心にしみこみ、小説「ノルウェイの森」と結びつくところがある。
小説の中で直子と同居するレイコさんが「ノルウェイの森」を弾く。下巻のラストでレイコさんが京都から東京の吉祥寺に住む主人公のワタナベのアパートへやってきて2人で直子のお葬式をするシーンが良い。50曲余りの当時懐かしい曲をレイコさんが鎮魂を込めて弾くのだが「ノルウェイの森」は最初の方と最後に2度弾く。レイコ自身も精神病を患っていたが直子の死とともに再生をはかって出てきたのだった。
「旭川に行くのよ。ねぇ旭川よ!」「音大のとき仲の良かった友だちが旭川で音楽教室やっててね・・・」旭川出身の私からするとなぜ「旭川」なのだろうと思ったが冬の景色はノルウエイに似ているかもしれないと思った。
神戸出身の村上春樹氏の文体や文言はやさしく、自然描写が巧みなので読み手も脳裏に描きやすい。映画でも雨降りや色濃いグリーンの山並みや冬景色などが見事な心理描写に繋がっていた。そうしたイメージの連想で「旭川」を選んだのかもしれないし、氏も「旭川」へ行かれた事があるのかもしれない。
今頃旭川はまさにノルウェイ的冬景色だ、その後レイコさんは元気に暮らしているだろうか?

政治はまさに「平成デカダンス」そのもので、やがてさらに荒廃した社会へ突き進むのだろうか?
今年は何度も批判してきたが民○党は今すぐ解党して欲しい! もう政治ゴッコ集団に任せる時間など無いぞ!

なんやかやと雑事に追われ目的の達成できない一年でした。来年もおつきあい宜しくお願い致します。

(歩)2010.12.19

スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。