漫風夜話

漫画に関連した過去の思い出や日常をエッセイ風に綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夜話-09「アイムソーリ」

鳩山ソーリ(sorry)がかかえる沖縄の普天間移設問題は宇宙人鳩山のパワーで「空中に基地案でどうだ!」(チャンチャン)と期待していたが結局現行案で決着しそうな雲行きだ。もちろん沖縄県民、国民は納得しない、ゴリ押しなど今の時代通用しないぜよハトヤマソーリ!

小泉総理時代に「ソーリ」「ソーリ」を連呼していた辻本清美議員は秘書給与詐欺容疑で逮捕され、自分で「御免なさい」「御免なさい」と叫んでいるようなものだった。
しかしマンガでもあるまいし5月末に解決して「五月晴れ」などとよくもまあ誇大妄想的な事を何回となく喋り、平然としている姿を見ていると情けなくなってくる、マンガでもあるまいしと書いたが最近のマンガはつじつまのあわない事や時代考証などの謝りがあるとすぐたたかれるのでいいかげんなことは描けない。

最初からほとんどの国民は移設は無理だろうと思っていただろうし、何の根回しもなく官僚も排除した状態で、しかも米国とのきちんとした話し合いもなく、問題が解決されるわけがないことぐらい子供でもわかる。
子供によっては国会議員=嘘つき、民主党=デタラメ党と思われて教育上よくない、親が説明してもネット社会で事実が丸見えだ。

東大工学部で何を勉強されたのか知らないがストーリー作りは苦手のようだ。
ちゃんとしたプロットをたてて主人公、敵役、脇役、シュチュエーションを考えネーム段階で推敲に推敲を重ねようやく下描きに入るのがマンガ作成の流れで小説や創作物などはみな同じだと思う。
今更抑止力がどうのこうのとシュミレションも立てられないようではまったく総理としての資格はない、結局親の代からの豊富な資金力で総理になれたようなもので、国民の真の姿など知る由もなく、すべてがパフォーマンスであることが歴然としている。

今後ハトヤマソーリには何も期待出来ない、小沢は相変わらず選挙戦で知名人ばかりかき集め、管は覇気がなく寝ぼけ眼での発言ばかり、民社党の福嶋党首にいたっては離脱を口にするが実行にはいたらず、ズルズル連立を目論む様子だ。(天下りやダメ国会議員に税金使わせるな!)

実際この現実をマンガのストーリーにしたらバカバカしくて売れないどころか夢も希望もなくなり悲愴感につつまれるだけだ。サッカーは韓国にストレート負け、日本が誇る最新技術は中国を始めとする諸外国に持っていかれるしでモチベーションが下がる一方だ。

国としての指針や舵取りが誰も出来なくなり大海に彷徨う小舟の様なものだ、龍馬ではないが「このままではいかんぜよ」なんとか方向を見定め復活しよう!「ガンバレ日本!」と吠えたくなる今日この頃でス。
アーメン ソーメン アイムソーリ!
(歩)2010.5.25
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夜話-10「ああ青春ーN女子高校漫研」 | ホーム | 夜話-08「春になれば」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。