漫風夜話

漫画に関連した過去の思い出や日常をエッセイ風に綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夜話-12「奇想天外」

9月も終盤を迎え今日は久々の雨。
3ヶ月余りの暑い夏がようやく終わりをつげようとしている。
「暑い暑い」といいながら確実に秋の気配を感じる。
しかし今夏は飲料水は手放せなかった、部屋で仕事をしている身だが、打合せなどでちょっと出かけて戻るだけで汗びっしょり、その都度着替えたので洗濯も多かったし、連日クーラーもつけっぱなしクーラーを切るとパソコンがうなりだすので切るに切れない。夜はついついビールを飲むので電気代と飲料水、水道代のかかった夏だった。これは今年だけの現象なのか、来年もさらにヒートアップしてゆくのか?どちらにしても異常現象は増えて行くだろう。

マンガ講師業の前期試験のテーマは「奇想天外」。1頁に大ゴマ背景を中心にショートストーリー形式で「奇想天外」な話をまとめてもらうやり方で、2週間前から提案、先週はネーム、下描きチェックに入り80名近くの学生のネームを見せてもらった。

普段大ゴマ背景画を中心とした講義でキャラクターと背景との位置関係、描き方や処理技術を教えている。ほとんどの学生はキャラクターはそこそこ描けても背景を描くのが苦手、あるいはめんどくさいといった意識がある。しかし背景画とはつまりシチュエーションの事で、主人公が今どのような場所に居てどのような状況にあるのか、さらに細かく書くと季節はいつで時間は何時頃なのかを背景画の表現で設定できるのだ、読み手はその背景画を瞬時にインプットして頁をめくって行く。

要所要所に背景画を上手く配置してあるマンガはテンポ良く読めるが、背景画がいいかげんだとここは学校なのか病院なのか街中なのか住宅街なのかわけのわからないマンガもよく見かける、さらっとしたマンガでもポイントを抑えた背景画があれば悩まずに読み進めて行けるのだ。つまり背景画は設定説明なので重要な役割を果たす。

マンガアシスタントの仕事も背景画が中心で他に効果線や仕上げ処理でマンガの厚みが加味される。売れているプロ作家はストーリーが決まるとその時代背景による資料集めに着手したり実際に取材。あるいは普段から写真撮影していた写真をネタに話を作ったり、その手法は作家それぞれ様々であるが、どちらにしても資料はその作家の要だ。
小説家にしても漫画家にしても部屋の中が本の山で一見ゴミ屋敷のようであるが、本人にとっては貴重な宝なのだ。しかし残念ながらそれをわかってくれるのはごくまれで、よっぽどの無精ものかゴミを捨てきれない変人扱いにされる事が多い。

「奇想天外」をテーマにしたのは学生1人一人のイマジネーションを見たかったからだ。
イマジネーションとは想像力で奇抜な話をどこまで描けるか、あるいは与えた背景資料写真を元にどれだけ想像を膨らませられるかだ。
学生の中には今年のテーマは少しレベルが高すぎるという者もいた。しかしレベルは高い方がいいと思っている、いろいろなハードルを無理なくこなせる人は一人もいないわけで、そこをクリアーするために新たなチャレンジをして行くと思うからだ。
ネーム(ラフ画)を見せてもらうと奇抜な発想が意外と少ない、あたりまえなストーリー運びで「う~ん」とうなるものが少なかった。
「もう少し頭をコンニャクにして!」と冗談をとばしながらやっている。ジャンル違いの学生も多いと思うが普段の発想を変えて描く、1頁にまとめる構成力はデビューしても必要な条件だと思う。今週土曜日が提出日で80名余りの「奇想天外」作品を見るのが今から楽しみだ。

しかし現実の方が「奇想天外」が多いのには仰天ものだ。
大阪地検によるフロッピー改ざん事件は「事実は小説より奇なり」で、このような形で一市民が犯罪者として落とし込まれて行く恐怖を感じる。つまり地検とは社会生活で国民を守ってくれる「正義の味方」というイメージがあったからこそなのだ。このイメージがくせものでイメージとして「良い者」扱いされて来た者がことごとく崩壊されてきている。
一般的には政治家、会社社長、医者、学校の先生、公務員などだが彼等もまた人の子には変わりはないわけで、我々市井はイメージに振り回される事なく見守って生きて行かなければならなくなる。何とも住みにくい世の中になったものだ。
(歩)2010.9.23

神戸長田に漫画塾を始めました。
「漫風舎」(まんぷうしゃ)ぜひ覗いて見て下さい。 
http://www.manpushya.com/

スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夜話-13「学園祭今昔」 | ホーム | 夜話-11「ゲゲゲの時代」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。