漫風夜話

漫画に関連した過去の思い出や日常をエッセイ風に綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夜話-04 重たい原稿

講師業でマンガ学科の後期試験を終えた。
レポート提出やこれまでの課題評価で済まされる先生方もおられるが、毎年後期は見開き頁の作り方から描き方を指導してテーマを与え描いてもらっている。
今回のテーマは「ドリーム」。「単なる夢おちはだめだぞ」と言うと手が進まない学生が多かった、しかも2頁で大ゴマ背景を見開きセンターに必ず配置する事を条件とした。
2週間前から伝えておいたが予想通り時間内にアップしない学生が多く居残り組が続出、30名以上に上った、そのため教務に空き室2部屋を確保してもらった。

3年生最後の試験、カンズメ経験と実際プロになれば当たり前の経験を感じとって欲しかった。完成度はもちろんだが居残ってでも描こうとするモチベーションを見たかった。

夜の8時ごろまで居残らせてしまったが、心を鬼にして取り組まないと良いものはできない。時にやさしく時に厳しく緩急つけて教えている。
80名以上の学生の原稿がずっしり重たく深夜の帰路に堪えたが一人でも多くこの業界で頑張って欲しいと願う。

「花とゆめ」(白泉社)でSさんが新人賞を取り、前日東京での授賞式を終え一泊して始発で大阪へ戻り、そのまま登校して夜の8時まで居残り試験課題を描きあげた。賞を取る学生はこうした姿勢から違うように見受けられた。普通なら帰りに東京見物をして「賞を貰ったから大目に見てね」と言いそうなのだが岡山県出身で単身で大阪の学校に通うだけあって根性の違いを見せつけられた。金のメダルと新人賞の楯をまじかに見せてもらったが彼女はさらに上に進むだろうと思う、作品だけではなく彼女の態度に予見するものがある。
「花とゆめ」メダルと楯


どこかの業界では品格問題ともみ消しでやっきになっているがマンガはペン1本での勝負だ。1本1本の線に命をかける仕事はそう多くはないだろう、学生のそうした姿を見ていると愛おしく感じる。
(歩) 2010.2.1

神戸長田にワンクール制の漫画塾を始めました。
「漫風舎」(まんぷうしゃ)ぜひ覗いて見て下さい。 
http://www.manpushya.com/
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夜話-05 決断の時 | ホーム | 夜話-03 夢と希望>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。